読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餡子付゛録゛

ソフトウェア開発ツールの便利な使い方を紹介。

64bits版Linuxでは、64bits版Flashを使う

Linux

64bits版Ubuntu Linuxでは、64bits版Flashを使う方が良いようです。
Synapticパッケージマネージャーでは32bits版をインストールするのですが、ia32-libsをインストールするためか、C++/Qtでアプリケーションを作成すると、ELF class: ELFCLASS64エラーが出ます。Qtの問題なのか、リンク・オプションが不足しているのかが不明なのですが、ia32-libsをインストールしない事でも回避することができます。
Firefox用のプラグイン(Preview版)をAdobeのページで配布しており、64-bit Linux (TAR.GZ, 4.1 MB)をダウンロードしてきてインストールしました。

wget http://download.macromedia.com/pub/labs/flashplayer10/flashplayer10_2_p3_64bit_linux_111710.tar.gz
tar zxvf flashplayer10_2_p3_64bit_linux_111710.tar.gz
sudo libflashplayer.so /usr/lib/mozilla/plugins/

セキュリティ・ホールが良く見つかるFlashですが、自動アップデートされないのは不便を感じます。64bitsプロセッサだらけの昨今ですが、まだまだ32bits版で動かしている方が無難なようですね。